エステティシャンの憧れ!独立開業に必要な準備事項

女性に人気のエステ求人で収入アップを目指そう 女性に人気のエステ求人で収入アップを目指そう

独立プランを考えよう

独立してサロンを開業となると、やはり気になるのが開業資金ではないでしょうか。しかし、エステサロンをオープンさせるには資金以外にもさまざまな要素が必要です。サロン開業までのおおまかな流れをチェックしてみましょう。

独立する際の手順

サロンの設置場所を考える

まずはサロンをオープンさせる場所を決めます。人気のある駅に近い場所は集客力があります。しかし好立地物件はその分家賃が高めです。立地条件がそれほど良くない場所や自宅での開業を検討している場合は、集客へ力を入れるようにしましょう。立地条件が良くなくともWEB集客をうまく利用して、繁盛しているエステサロンもあります。

取り扱う商材を決める

開業場所選びと並行して進めたいのが、サロンで提供するサービスの内容です。近隣にエステサロンがあっても負けないほどの技術力があれば言うことないのですがそういったケースはごく稀です。他の店舗と差別化できるようなメニューや商材を取りいれて、住み分けしながら開業するのが一般的です。近隣のサロンをチェックして、オリジナリティが出せるように工夫しましょう。

価格設定を行う

エステサロンを開業して利益を出すために難しいのが、価格の設定です。比較的規模の小さなエステサロンが生き残っていくためには、価格で勝負するのは難しいでしょう。価格よりも、そのエステサロンの独自性を打ち出し、付加価値をつけて価格を上げる方が得策だと言えます。近隣のサロンの情報を集めて、付近の相場価格を知ることも重要です。

店舗経営を成功させるには集客も必須

質の高いサービスは大前提ですが、集客力がなければそのサービスを多くの人に伝えることもできません。独立してサロンを運営していくためにはそういったマーケティング能力も問われます。 最近ではWEBを上手に使って戦力勝ちしているサロンもあるので参考にしてみましょう。客足が絶えず、求人を出して人を雇えるほどのサロン経営を目指して取り組みましょう。  

TOPボタン